Ⅰ.座禅について
 ⅰ.なぜ座禅をするのか
   (手段としての座禅)
 ⅱ.座禅の作法(組み方)
 ⅲ.座禅
   (こころを落ち着かせ、
   ゆとりを生む方法)
 
Ⅱ.考え方について
     (本質の探し方)
 ⅰ.直観的な捉え方
 ⅱ.宗教的な考え方
 ⅲ.学問的な考え方

 

Ⅲ.まなぶということ

     (学習法について,

       座禅を基礎に)

 ⅰ.自力で考えるために

   ⅱ.ゼロから考え元める

         (奥底への到達)

   ⅲ.鼓動との対話

 ⅳ.身体との対話

     (身体を充実化する)

   ⅴ.まわりを感受する力

     (禅的感性について)

   ⅵ.自分という存在とその地平

 ⅶ.自分らしく

Ⅱ.考え方について(本質の探し方)
 
序文:この章では、前章でお話した座禅を組むことで捉えられるようになる考え方について、こころの在り様の順   にお話します。

 ⅰ.直観的な考え方 

 座禅をはじめたころは、直観がよくはたらき、なにかと魔境(妄想の世界)に入りがちになると思います。そこに没入してしまうと、せっかく築きあげた 周囲の人達とのつながりを壊してしまうことになりかねませんので注意してください。座禅の目標はこころを落ち着かせること、こころにゆとりをつくること、 そしてもの事を本質的に捉えられるようになることです。その際、魔境に入っても、それを雑念として処理するとよいと思います。その他の直観的に捉えられる イメージや考え方は、アドバイスとして受け止め参考にするとよいと思います。   
 座禅している時は、意識をこころの奥底まで至らせているので、もの事の根底をつかむ第一歩になります。その時考えていることの、なにが原因か、なに が大切なことか、を考えるのに、座禅はよいコンディションの後ろ盾になることができます。そして、意識の底で、冷静な、問題を見つめる直観によりこたえを 探ります。そうしたこたえを積み重ねていくその結果、自分を乗り越えていくためのこたえも得られるようになると思います。