Ⅰ.座禅について
 ⅰ.なぜ座禅をするのか
   (手段としての座禅)
 ⅱ.座禅の作法(組み方)
 ⅲ.座禅
   (こころを落ち着かせ、
   ゆとりを生む方法)
 
Ⅱ.考え方について
     (本質の探し方)
 ⅰ.直観的な捉え方
 ⅱ.宗教的な考え方
 ⅲ.学問的な考え方

 

Ⅲ.まなぶということ

     (学習法について,

       座禅を基礎に)

 ⅰ.自力で考えるために

   ⅱ.ゼロから考え元める

         (奥底への到達)

   ⅲ.鼓動との対話

 ⅳ.身体との対話

     (身体を充実化する)

   ⅴ.まわりを感受する力

     (禅的感性について)

   ⅵ.自分という存在とその地平

 ⅶ.自分らしく

Ⅰ-ⅲ. 座禅(こころを落ち着かせ、ゆとりを生む方法)

 まえの章で座禅の組み方をお話しました。座禅をし、意識を深層まで掘り下げることで、こころの機微を繊細につかめるように

なります。

 そして、からだの奥底に意識を集中し落ち着かせることで、からだ全体の状態がよくなり、こころもおだやかになっていきます。同時にこころにゆとりを生み、まわりに見えるこ とがゆたかに感じられるようになると思います。そうしたこころの状態を取り戻す

ことができれば、集中力持久力が付き、こころが強くなります。学生なら成 績アップ、社会人なら仕事を処理する効率のアップ、

いろいろな雑事の減少をのぞめると思います。