Ⅰ.座禅について

ⅰ.なぜ座禅をするのか(手段としての座禅)

 こんにち、私たちの身の回りにはたくさんのものや出来事で溢れています。

さらに情報化社会によりさまざまな情報が過度に提供され、そうしたもの・ことは

私たちを楽しませてくれる一方、なにが本当のことなのか、なにが本当に必要なことか

見極めるのが大変な時代にもなっていると思います。     
 このサイトでは、そうした悩みを減らす手段として、座禅をすることをおすすめします。

座禅は、こころを落ち着かせ、浮かんでは消えていく雑念を通り 越し、

意識を集中させていくことで、<いま>に自分を凝集させます。

そうすることで、意識を深層まで至らせ、周囲のもの事をより根底から捉えられるようになります。   

 

 この章で話される座り方は、私独自のもので、私自身の体験に基づいたものになっています。

よりよい座り方があると思いますので、読者の方はご自身に合った座法を試みられることをお勧めします。

また、ここでお話する座禅とは、正式には静坐(せいざ)と呼ばれるものです。

座禅はこころをすっきりさせたり、本当の自分を見つけることが目的になります。

一方、静坐は、なにかの問題をとくにあたり、問題の深層を調べるのにこころを落ち着かせ、本質を見通す手段として静かに坐ることを目的にしています。

Ⅰ.座禅について
 ⅰ.なぜ座禅をするのか
   (手段としての座禅)
 ⅱ.座禅の作法(組み方)
 ⅲ.座禅
   (こころを落ち着かせ、
   ゆとりを生む方法)
 
Ⅱ.考え方について
     (本質の探し方)
 ⅰ.直観的な捉え方
 ⅱ.宗教的な考え方
 ⅲ.学問的な考え方

 

Ⅲ.まなぶということ

     (学習法について,

       座禅を基礎に)

 ⅰ.自力で考えるために

   ⅱ.ゼロから考え元める

         (奥底への到達)

   ⅲ.鼓動との対話

 ⅳ.身体との対話

     (身体を充実化する)

   ⅴ.まわりを感受する力

     (禅的感性について)

   ⅵ.自分という存在とその地平

 ⅶ.自分らしく