文学から生まれる科学(化学編)~小説(詩)と写真の世界より~

暗い夜の街、レンガで覆われた街道の店々から、部屋の光がこぼれていた。

近代科学の発達したいまの世界では、このような人工的な光景が日常だ。

それはそれで、またいい。

街には人があつまり、活気づいている。

そんな世界でも、ひとは、自然とのつながりを感じ取ってか、街に樹を植える。

それは、ひとのこころを癒すのかもしれない。

それら木々の恵みを受け、生きていけるのかもしれない。

樹木たちは、空気をうみ、やがては大気を形成するに至る。

天には、白い雲と青空をつくり、その色彩のあざやかさは、ひとのこころを彩る。

樹木たちがうみだした大気と雲は、上空で冷やされて、ときとして、地上に雨を降らせる。

その雨は、地の生き物たちをはぐくみ、やがてふたたび栄養になって、植物たちを育てる。

やがて来る朝の光、

見上げれば、夜空には、満天の星が広がり、本当に、生きていていて、よかったと思わせてくれる。

そう、自然は、いのちをはぐくむために循環している。その自然と魂の循環輪廻転生が、

いつの時代にも、

ものも、自然も、人も、すべてのいとなみを紡いでくれる。

そとは、雪の降る、街の夜道だった。

そんな重く凍てつく世界にも、やがて朝は訪れ、朝のひかりが街の雪景色を照らしてくれる。

雪たちは、その真っ白な綺麗な世界と、そこに灯されるキャンドルの美しい世界を演出してくれる。

そのささやかな、つつましやかな喜びが、ひとの支えになってきたのかもしれない。

手のひらには、自然の循環輪廻を通してかたち作られた、いのちと自然の「結晶」である”ゆき(雪)”が

その美しさを湛えている。

そう、自然の中に、魂と自然の循環輪廻を見出し、そのいとなみのささえとなる

喜びの感情の”結晶”として生み出されたのが、”原子論”であった。

いつの時代にも変わらず流れる、たましいと自然との絆。それをかたちにしたのが、自然科学のはじまりとなった

”原子”という基本(結晶)単位だった。

その、”結晶”である”原子”を見出させてくれたのは、いのちと自然の循環輪廻の結晶として生み出された

”あめ”や”ゆき”だったのかもしれない。

冬の夜空に輝く、雪々の光の景色。

そのつめたい雪々の世界にも、

春の訪れにより、ゆき解け水を頼りに、

植物たちは、化学反応の最終形態の結晶である”花”を咲かせる。

そんな、いのちと自然の循環を見ることで、僕らは、そのいのちと自然の恩恵から、

”自然科学”というものを見つけ出したのだった。

(終わり)

いかがでしたでしょうか。

 

自然科学というものが、たんに好奇心といった奇を衒うものから生み出されたのではなく、

もっと、いのちと自然の循環輪廻転生という、”文学的・精神的ないとなみ”、

から生み出されたということが

おわかりいただけたかもしれません。

 

いまの日本の科学教育というのは、

このような”精神性”を考えること無く、

その威力ゆえに、国力増強策として、西洋より輸入されたものに過ぎなかった。

そのため、日本の科学の多くは、蛸壺になってしまっている。

ここに、いまの科学教育の根本的な”過ち”があった、そう思います。

 

自然科学の”こころ”を理解し、

自然と科学との、本当の絆を取り戻すことで、

自然環境との絆の回復と、ひいては西洋の人達との絆も、築いていけるのではないか

 

そう考えています。

      化 学

chemistry