本当にゆたかな

 こころを取り戻すために

 

ⅰ.学問のこころとは

  本当に理解するということ

 ①学問で使われる言葉

 ②はじめにおそれ、不安があった

 ③消化していないことばと知識

 ④日本のことば、西洋のことば

 ⑤日本と西洋のこころ

ⅱ.やさしいこころより

    観えて来る世界

 (対話するということへ)

 

ⅲ.身に付けることば

  (あいだを取り持つ言葉)

ⅳ.おのずからということ

ⅴ.本当に目指すべきこと

ⅴ)本当に目指すべきこと

 このように、学問の言葉である漢語・西洋の言葉のこころを観て行くことで、日本人としての学問をどの

ようにして捉え、理解し、体系化していけばよいのか、すこしわかったような気がします。では、ここから、

日本人として、どのようなことを考え、行動して行ったらよいのか、私論を述べさせていただくことでこの章を終わりにしたいとおもいます。

・地球という、かけがえのないひとつの世界に存在しているということ  

 ⇒地球はひとつの共同体であるため、その上で起こることはすべて連動していると考えられます。地球に住み、暮らしていくのに、持続可能な世界というコンセプトがなければいけないとおもいます。それには、地球の環境問題というのは、避けて通れない問題だとおもいます。この問題に向き合っていくには、最低限、日本という国と諸外国とのつながりをよく保つ必要があります。その基礎のひとつとして、それぞれの国のことばと文化を知り、そこに住む人達のことをよく理解しておくことが先決とおもえます。このサイトで提案してきた観方が、すこしでもその一助になれば幸いです。

・あらゆる存在と対話し、そのこころを理解し、行動していくということ  

 ⇒いろいろなもの・生き物・人と対話できるようになると、それだけでこころは充たされていくようになります。はじめは、なんだか独りよがりのようにおもうこともあるかと思いますが、対話をつづけていくことで、そのひとのことをよりよく知るきかっけになるとおもいます。そうすれば、いつかきっとそのひとと

わかりあえる日がくると信じています。