本当にゆたかな

 こころを取り戻すために

 

ⅰ.学問のこころとは

  本当に理解するということ

 ①学問で使われる言葉

 ②はじめにおそれ、不安があった

 ③消化していないことばと知識

 ④日本のことば、西洋のことば

 ⑤日本と西洋のこころ

ⅱ.やさしいこころより

    観えて来る世界

 (対話するということへ)

 

ⅲ.身に付けることば

  (あいだを取り持つ言葉)

ⅳ.おのずからということ

ⅴ.本当に目指すべきこと

ⅳ)おのずからということ

 おのずからということばは、本当に深いレベルでの自己の内側で受動的に感じられることを意味する

ので、なかなか難しいことのようにおもえます。ですが、日本人の持つ本当のやさしさというのは、

このおのずからという深いレベルでの内面の受動的なこと肯定すること(本当の意味での積極性

持つこと)にあるのではないかとおもいます。そのようなおのずからということを身に付けるには、

どうしたらよいでしょうか。 それは自然に湧き起って来るやさしさつかむことにあるとおもいます。 それをつかむには、自身の内側よくよく対話、整理して、自身の内面によくよく(繊細に)気付く

ようにすればよいのだとおもいます。(ただ、気付くだけでは、よわいので、一心にいのり(祈り)、

ねがう(願う)というおもいをつよくもてば大丈夫だとおもいます。)そうすれば、内なるおもい(光)を、おのずから感じ取りやさしさとゆたかさにあふれたこころから、どう行動していけばよいのか、

わかるようになるとおもいます。