本当にゆたかな

 こころを取り戻すために

 

ⅰ.学問のこころとは

  本当に理解するということ

 ①学問で使われる言葉

 ②はじめにおそれ、不安があった

 ③消化していないことばと知識

 ④日本のことば、西洋のことば

 ⑤日本と西洋のこころ

ⅱ.やさしいこころより

    観えて来る世界

 (対話するということへ)

 

ⅲ.身に付けることば

  (あいだを取り持つ言葉)

ⅳ.おのずからということ

ⅴ.本当に目指すべきこと

ⅲ)身に付けることば
(あいだを取り持つ言葉)

 西洋人とうまくコミュニケーションをとっていくには、いまお話したような西洋人のこころを知っておく必要があります。ただ、西洋人が、その貴いこころを育むために、どうしてもなにかに集中

しなければならないことから、視野が狭くなってしまうという問題があるのだとおもいます。

(つまり、西洋人のこころとは、他者のこころを切捨てていくことにあるのではなく、集中することにより、みずからを高めるが、一方、視野が狭くなるということに問題があるのだとおもいます。)となれば、日本人が西洋人とのあいだを取り持つには、西洋人の孤高のこころをつないでいく、

やさしさという引力により取り持っていくことにあるのではないか、とおもいます。西洋人の気高いこころを、切り捨てのこころと観てしまうのは、あまりに理解が足りていないことのようにおもえ

ます。日本人という豊穣な自然に抱かれ育ち、やさしさというこころを知っているのであれば、

西洋人のこころを横断的につなぐことが大切なのではないかとおもいます。 この観方をおさえて

おけば、どう西洋人と向き合っていけばよいのか、わかるようになるとおもいます。