本当にゆたかな

 こころを取り戻すために

 

ⅰ.学問のこころとは

  本当に理解するということ

 ①学問で使われる言葉

 ②はじめにおそれ、不安があった

 ③消化していないことばと知識

 ④日本のことば、西洋のことば

 ⑤日本と西洋のこころ

ⅱ.やさしいこころより

    観えて来る世界

 (対話するということへ)

 

ⅲ.身に付けることば

  (あいだを取り持つ言葉)

ⅳ.おのずからということ

ⅴ.本当に目指すべきこと

ⅱ)やさしいこころより観えて来る世界
  (対話するということへ)

 では、上記のようなこころを自ら理解できるようになるにはどうすればいいのか。それには、日本人として自然にもっている「やさしいこころ」と、西洋人の持つ、個々の存在の本来の姿(内なる光)を見出すことのできるという「やさしさ」を知る(気づく)ことにあるとおもいます。つまり、だれに対しても、「やさしい(優しい)気持ち」を持つことが大切になるのだとおもいます。このように見出されたやさしいこころを大切にして、そのおもいより、世界の出来事を見通せば、かならず、いろいろなもの・こと・いのち・ひとと、

対話することができるようになります。土や石ころと話てもいい、草木と話てもいい、鳥や犬猫と話てもいい、月や太陽と話てもいい、雨や空と話てもいい、とおもいます。そのようにいろいろな存在と話す(対話する)ことができるようになれば、世界は本当に「ゆたかな」ものになります。そのような、いろいろな存在と対話することで、そのひとのことをよりよく知り、どう向き合っていけばよいのかわかるようになるとおもいます。
 それには、やはり「やさしいこころ」をいつも大切におもう気持ちをわすれずにいることが、大切なんだとおもいます。