ⅳ-②周波数体としての身体

 前章で、対峙する他者とのあいだでのやりとりについてお話しましたが、ここでは、つねに流動的でありつづける<いま>という瞬間を捉え、実際にどう考え、からだをつかっていけばよいのかについて、もうすこし具体的にお話したいと思います。自己の周波数には、呼吸の周期脳波の周期、そして心臓の拍動周期と、三つの種類の周期を持つ体内周期活動波があります。それぞれの活動波の周期は、座禅などをするときには、呼吸、心臓、脳波の順でその活動は活発になります。ですがそれらは、べつべつにはたらくのではなく、心臓の周期(拍動)基礎に、呼吸の周期コントロールすることで脳波を静かに活動させます。それぞれの周期が最小公約数ともよべるような同期を持ってはたらくとき、それを基底周波数を掴んでいく言います。自己を内観するときは、自分の呼吸の周波数をふかめていけばよいですが、他者と対峙するときは、相手の呼吸の周波数も考えていく必要があります。そのため、他者と対峙するにあたっての準備として、自己の呼吸の周波数自在にコントロールし、自身の体内の脳波拍動数も「すき(隙)」の無いものにしておかなければなりません。この参考として、日本の武士の時代に行われていた能楽における、つづみを打つ周期がよい例として挙げられます。能楽でのつづみは、その舞演者の無意識をいさめ、意識に隙を無くすように打たれているように思います。この無意識を意識下におさめ、つねに流動的な<いま>を途切れることなく掴んでいく行為は、自己の基底周波数自在に捉え他者と対峙するときにも、その自在力により、相手の周波数を捉え引き込むことができるようになる土台になります。このようにして、自己の基底周波数の地平自在に乗り越え他者と向き合っていくことができるようになります。

各学問についての考え方

ⅰ.学問の分類

 

ⅱ.人文・社会科学

 ① 文学、哲学

 ② 歴史、社会

 ③ 法律、経済

ⅲ.自然科学

 ① 自然概念について

 ② 農学

 ③ 工学

 ④ 化け学

 ⑤ 数学

 ⑥ 物理学

 ⑦ 生命医学

ⅳ.体術

 ① 体捌き

 ② 周波数体としての身体

ⅴ.芸術