本当にゆたかな

 こころを取り戻すために

 

ⅰ.学問のこころとは

  本当に理解するということ

 ①学問で使われる言葉

 ②はじめにおそれ、不安があった

 ③消化していないことばと知識

 ④日本のことば、西洋のことば

 ⑤日本と西洋のこころ

ⅱ.やさしいこころより

    観えて来る世界

 (対話するということへ)

 

ⅲ.身に付けることば

  (あいだを取り持つ言葉)

ⅳ.おのずからということ

ⅴ.本当に目指すべきこと

ⅰ―②はじめにおそれ、不安があった

 ことば、コミュニケーションというのが出来る原初の時代に、ひとがはじめにおもったことは、おそれ、不安であったのではないかとおもっています。地球という星に生まれたからには、天(手のとどかないもの)と地(足元にあるもの)があり、生と死という否応のない事実があるとおもいます。つまり、うまれた

ときからそのような不安を感じずにはいられない世界に生み出でたのだとおもいます。

ⅰ―③消化していないことばと知識

 そのような否応のない不安を感じさせられる世界に生まれた人という生き物は、はじめに発したことばというのは、恐怖に対する言葉や、タブー語ではなかったか考えています。そうであれば、人が生んできた言葉とは、はじめから、自身やものごと・他者をうまく取り持つ言葉、消化された言葉なのではなく

なにか恐怖心を想起させるような、とりとめのないものではなかったかと考えています。