本当にゆたかな

 こころを取り戻すために

 

ⅰ.学問のこころとは

  本当に理解するということ

 ①学問で使われる言葉

 ②はじめにおそれ、不安があった

 ③消化していないことばと知識

 ④日本のことば、西洋のことば

 ⑤日本と西洋のこころ

ⅱ.やさしいこころより

    観えて来る世界

 (対話するということへ)

 

ⅲ.身に付けることば

  (あいだを取り持つ言葉)

ⅳ.おのずからということ

ⅴ.本当に目指すべきこと

ⅰ)学問のこころとは

 本当に理解するということ(日本と西洋のこころ)

①学問で使われる言葉

 これまでは、まなぶということについて、そのコツを説明して来ました。
 ここでは、学問を本当に理解するにはどうしたらよいか、その学問することのこころについて、お話ししたいとおもいます。
 学問とは、基本的にみて、西洋の言葉あるいは漢字などにより書かれたものと考えてよいとおもいます。

そのため、本当に、それらの言葉を日本語として消化できているのかについて、疑ってもよいようにおもい

ます。(僕自身、自分の使っていることばについて、本当に伝わっているのか、いつも不安におもっています。)西洋の言葉により格調高く書かれた文章を直訳のように翻訳しても、わかりづらいものになるのは、

おおくの人が経験しているとおもいます。その故に、学問の言葉を日本語でどう対応すればよいのか考える

必要があるとおもいます。ことばとは、自分と他者のあいだをどう取り持つかということに本来の意味があるとおもうので、考えるべきは、西洋の人達と日本人達との関係をどうかたち作っていくか、にあるとおもい

ます。

 そこで、(僕の考えとしては、)西洋由来の言葉において、西洋人のウィークポイントと日本人の

ストロングポイントが、相い補いあうような言葉を見つけ、発すればよいのではないのかと考えています。
 では、そのような言葉をみつけるには、どうしたらよいでしょうか。