ⅲ.自然科学

 自然的他者とのあいだにつくられることばとしての学問である自然科学は、やまとことば(とくに技術用語に関して)と横文字(英語など)により多くをつくられているように思います。
歴史的に観て、それらのことばは、西洋からの学問に由来するものが多いからのように思います。

ⅲ-①自然概念について

 自然ということばには、大きく分けてふたつの意味があると思います。一つは、自然な流れということばに代表されるように、単純明解かもしれず受動的だが客観性がありうるという意味。二つ目は、自然に湧き上がるということばにある、おのずからという意味の、ふかいレベルでの受動性(これを純粋経験という。)に裏打ちされた、本当の意味での主観という意味です。この両者の意味は、おのずからという意味での自然を考えられるようになると、いろいろ神秘的とも思えるようなことも見通せるようになります。

ⅲ-②農学

 農学は、前節でお話したような、おのずからという意味での自然観により考えられるようになると、「自然」と、植物の思っていることもわかるような気がします。おのずからという意味を考えられるようになるときには、からだの代謝が良く、体温も高くなるため、免疫力がたかまります。植物は、生きようという気持ちがつよいので、免疫力を高めようとします。それについて考えてあげられるようになると、植物の気持ちがわかってくるように思います。

各学問についての考え方

ⅰ.学問の分類

 

ⅱ.人文・社会科学

 ① 文学、哲学

 ② 歴史、社会

 ③ 法律、経済

ⅲ.自然科学

 ① 自然概念について

 ② 農学

 ③ 工学

 ④ 化け学

 ⑤ 数学

 ⑥ 物理学

 ⑦ 生命医学

ⅳ.体術

 ① 体捌き

 ② 周波数体としての身体

ⅴ.芸術