各学問についての考え方

ⅰ.学問の分類

 

ⅱ.人文・社会科学

 ① 文学、哲学

 ② 歴史、社会

 ③ 法律、経済

ⅲ.自然科学

 ① 自然概念について

 ② 農学

 ③ 工学

 ④ 化け学

 ⑤ 数学

 ⑥ 物理学

 ⑦ 生命医学

ⅳ.体術

 ① 体捌き

 ② 周波数体としての身体

ⅴ.芸術

ⅱ.人文・社会科学

 ひととのあいだにつくられることばとしての学問である人文・社会科学は、やまとことば

漢字により多くをつくられることがあるように思います。歴史的に観て、それらのことばは、

いいつたえ教え道徳学問に由来するものが多いからのように思います。

ⅱ-①文学、哲学

 文学は、物語ることにより、こころと身体のつながり、他者とのつながりをつよくしようとする学問のように思えます。ことば(やまとことば、漢語、カナ字(英語など))をはなしことば書きことばとの組み合わせにより表現し、その織り成し方によりさまざまなものごと、他者とのつながりをつくりあげます。小説家などは、こころの奥底で感じられる「なにか」を顕在化させるために文章を書くと言われています。明治期の文学者(上田敏氏など)の作品を読むと、

ことばをたくみにつかい、「なにか」とのつながりを結ぼうとしているのがよくわかるように思います。
 哲学は、ものごとを精緻に考えるためにことばをつかい、ことば無くして思考無しという観方から、ことばをみつけたり考え出したりします。哲学も文学と同じように、「なにか、だれか」とのつながりをつかもうとする試みのように思います。西洋の哲学などは、とくに、こころと

身体物質と精神とのつながりを結ぶために展開されてきたと言われるくらいです。それはけっして簡単なことではなく、プラトン、デカルトなどを祖として、自己の内側ふかく掘り下げ奥底でようやく見出される自分という存在その地平とを乗り越え、他者と邂逅するということです。