Ⅰ.座禅について
 ⅰ.なぜ座禅をするのか
   (手段としての座禅)
 ⅱ.座禅の作法(組み方)
 ⅲ.座禅
   (こころを落ち着かせ、
   ゆとりを生む方法)
 
Ⅱ.考え方について
     (本質の探し方)
 ⅰ.直観的な捉え方
 ⅱ.宗教的な考え方
 ⅲ.学問的な考え方

 

Ⅲ.まなぶということ

     (学習法について,

       座禅を基礎に)

 ⅰ.自力で考えるために

   ⅱ.ゼロから考え元める

         (奥底への到達)

   ⅲ.鼓動との対話

 ⅳ.身体との対話

     (身体を充実化する)

   ⅴ.まわりを感受する力

     (禅的感性について)

   ⅵ.自分という存在とその地平

 ⅶ.自分らしく

Ⅲ-ⅶ.自分らしく

 ここでは、このⅢ章でお話したことをまとめ、どうしたら自分らしく自由に考えることができるかについて、総括したいと思います。
 座禅を組むことで、意識を<いま>に集中させ、かぎりなく、自身の内部と外部の状態および状況を繊細に

つかんでいきます。その時に観える根底(深層)にある世界と対話しながら、自身を基底づける心臓の鼓動

静寂かつ力のあるものにするために、その拍動数を 自身と周囲の存在をより根本において基礎固めできるような、基底周波数(拍動数)へと近づけていきます。そうすると、自然と、そとの世界との間で基盤レベルからの関係を構築することができるようになります。と同時に、そとの世界とのちょうどよく調整された周波数の意識をつくり、そのような状態での周囲とにより奏でられるメッセージ(言葉)受け取り発動させることができる

ようになります。

 自分らしく自由に考えれるようになるとは、<いま>というかけがえのない瞬間をどう捉えるか、そしてすべてを考え合わせることで出来る自分自身にしかつくれない自分らしい自身の基底周波数を築き、周囲とのあいだで奏でることばを受け取り生み出すことを言います。このようにして自分らしい本来の自分をみつけ表現することができるようになります。