Ⅰ.座禅について
 ⅰ.なぜ座禅をするのか
   (手段としての座禅)
 ⅱ.座禅の作法(組み方)
 ⅲ.座禅
   (こころを落ち着かせ、
   ゆとりを生む方法)
 
Ⅱ.考え方について
     (本質の探し方)
 ⅰ.直観的な捉え方
 ⅱ.宗教的な考え方
 ⅲ.学問的な考え方

 

Ⅲ.まなぶということ

     (学習法について,

       座禅を基礎に)

 ⅰ.自力で考えるために

   ⅱ.ゼロから考え元める

         (奥底への到達)

   ⅲ.鼓動との対話

 ⅳ.身体との対話

     (身体を充実化する)

   ⅴ.まわりを感受する力

     (禅的感性について)

   ⅵ.自分という存在とその地平

 ⅶ.自分らしく

Ⅲ-ⅵ.自分という存在その地平

 前節で、そとの世界と調和した拍動数をつくることをお話しましたが、実際にどうやればよいのかについて、ここではお話したいと思います。 まず、ⅱ節でお話したように、自分の意識を奥底まで掘り下げること。それは、自分の拍動のうち、最も落ち着きのあるこころとしての、「基底周波数(拍動数)」をみつけ出すことです。その基底となる周波数をみつけた時、周囲の世界は、その根底でのすがたを開示します。しかし、その世界は、たいてい「よわい」世界です。つまり、すべてが表裏一体で、よいこともあれば、(不必要と思えるような)不幸もたくさんある世界です。そのよわい世界をどうにかしようとする行為が、自身の周囲の世界拍動つよめ拍動数より一貫性のあるものにしようとすることにつながります。自分の言動の一貫性を高め、周囲の世界とのつながりをも高めていくことで、自分という存在「いる」ことに気付きます。(これを「個」の誕生と呼びます。)そのようにして、自身の基底周波数を調整していくことで、周囲の世界と調和していくと、より公共性のある考えが生まれる基になると思います。