Ⅰ.座禅について
 ⅰ.なぜ座禅をするのか
   (手段としての座禅)
 ⅱ.座禅の作法(組み方)
 ⅲ.座禅
   (こころを落ち着かせ、
   ゆとりを生む方法)
 
Ⅱ.考え方について
     (本質の探し方)
 ⅰ.直観的な捉え方
 ⅱ.宗教的な考え方
 ⅲ.学問的な考え方

 

Ⅲ.まなぶということ

     (学習法について,

       座禅を基礎に)

 ⅰ.自力で考えるために

   ⅱ.ゼロから考え元める

         (奥底への到達)

   ⅲ.鼓動との対話

 ⅳ.身体との対話

     (身体を充実化する)

   ⅴ.まわりを感受する力

     (禅的感性について)

   ⅵ.自分という存在とその地平

 ⅶ.自分らしく

Ⅲ-ⅳ.身体との対話(身体を充実化する)

 からだの鼓動との対話により、肯定的な自分、否定的な自分が観えてくると思います。肯定的なところは大切にしていけばよいとして、

否定的なところに関しては、ある程度、理解していくことができたなら、そこからは「許し合う」ということを考えるとよいと思います。

つまり、どうしてもそう考えてしまうということに関しては、ちからで抑えようとするよりかは、こころ身体調整役としての意識が、包容的に理解するようにすると、不思議と、こころからだのあいだの葛藤が晴れると思います。そのように「許し合う」力と、それをさらに好転させていこうとする肯定的な部分とが有機的に織り成していくことができれば、自然と、こころと身体にエネルギーが充填され、つよく、理解力(包容力)のある充実した自分を手にすることができると思います。



Ⅲ-ⅴ.まわりを感受する力(禅的感性について)

 前章までは、おもに、意識の内面を掘り下げることについてお話しました。ここでは、そのようにして得られたこころと身体、意識を、
そとの世界に向けて開いていこうとする段階についてお話します。  ここまで意識を先鋭かつ柔軟にすることができれば、あとは、そとの世界をどう捉え、活かしていけばよいかということになります。そこで再び考えるのがよいこととして、からだの鼓動についてがあります。鼓動には、その周波数心臓の拍動数)があり、そのつよさとして血流および体温があります。座禅を組んでいる時でも、

周波数がつねに関わってきます。(ⅱ節のように、意識を奥底に至らせようとする行為は、周波数を、意識の基底となるような低周波の脳波(α波など)に持っていくことと同義です。)そとの世界を感受するとは、その身体の拍動数を、そとの世界の出来事とおり合いをつけることになります。そして、その織り合いのつけ方として、こんどは、他者と対話することより、はじまります。 他者と向き合い居り合いをつけるとは、自身の周波数(拍動数)他者の周波数(拍動数)とを理解し、その調整をはかることを言います。つまり、究極的には、自身と他者の周波数とに調和をとる(ちょうどよい間合いをとる)ことになります。(いい方を変えれば、他者と共存していくということです。)これなくしては、そとの世界を維持することはできないと思います。 しかし、それがどのようなかたちであれ、この他者と調整された拍動数さえつくれれば、世界は、とてもおだやかで、調和のとれた有機的共同体として感じられると思います。