Ⅰ.座禅について
 ⅰ.なぜ座禅をするのか
   (手段としての座禅)
 ⅱ.座禅の作法(組み方)
 ⅲ.座禅
   (こころを落ち着かせ、
   ゆとりを生む方法)
 
Ⅱ.考え方について
     (本質の探し方)
 ⅰ.直観的な捉え方
 ⅱ.宗教的な考え方
 ⅲ.学問的な考え方

 

Ⅲ.まなぶということ

     (学習法について,

       座禅を基礎に)

 ⅰ.自力で考えるために

   ⅱ.ゼロから考え元める

         (奥底への到達)

   ⅲ.鼓動との対話

 ⅳ.身体との対話

     (身体を充実化する)

   ⅴ.まわりを感受する力

     (禅的感性について)

   ⅵ.自分という存在とその地平

 ⅶ.自分らしく

Ⅲ-ⅱ.ゼロから考え元める(奥底への到達)

 Ⅰ章の、「なぜ座禅をするのか」、のところで述べたように、座禅を進めると、意識<いま>に凝集させるという段階をとおります。それは、さまざまな欲求(雑念)内部エネルギーとして押さえ、取り込み、意識をこころの奥底へと集中させていき、そうして得られる先鋭な意識を、深層へと至らせます。そうして到達した意識の底では、さまざまなもの事が、それぞれの深層を語っている世界が待っています。その奥底でのいろいろな経験が、ゼロから考え初めるきっかけになります。


Ⅲ-ⅲ.鼓動との対話

 前部で述べたような意識の奥底では、静寂な意識で、もの事の深層をさぐることができると思います。そのような中で、自分を見つめていくと、自身の心臓の鼓動が意識に上ってきます。その鼓動のリズムは、自身にとり生来的であり、それまで経験してきたことの積み重ねでもあります。またそれらと同時に、そのような意識の奥底では、鼓動のリズムは未来へもつながっていこうとする意志力として、つよく拍動していると考えられます。意識の深層で、こころの意志力(考え)身体の生命力とをつなぐものとして、意識が確かに存在し、それを活かす道として、まず、からだの鼓動対話することで、そこから自分のみちを考えていくとよいと思います。