Ⅰ.座禅について
 ⅰ.なぜ座禅をするのか
   (手段としての座禅)
 ⅱ.座禅の作法(組み方)
 ⅲ.座禅
   (こころを落ち着かせ、
   ゆとりを生む方法)
 
Ⅱ.考え方について
     (本質の探し方)
 ⅰ.直観的な捉え方
 ⅱ.宗教的な考え方
 ⅲ.学問的な考え方

 

Ⅲ.まなぶということ

     (学習法について,

       座禅を基礎に)

 ⅰ.自力で考えるために

   ⅱ.ゼロから考え元める

         (奥底への到達)

   ⅲ.鼓動との対話

 ⅳ.身体との対話

     (身体を充実化する)

   ⅴ.まわりを感受する力

     (禅的感性について)

   ⅵ.自分という存在とその地平

 ⅶ.自分らしく

Ⅲ.まなぶということ
(学習法について、座禅を基礎に)

序文:この章は、座禅をすることにより切り開くことのできる、自分という「地平」を見つける。そして、それを乗り越えることで、自分らしさを見つける(取り戻す)ことができるような、考え方を身につける一助になれば、と思い、書いてみました。

Ⅲ-ⅰ.自力で考えるために

 自力で考える、つまり自分らしく考えるには、それなりに自分のことを知っていなければなりません。たいていの人達は、自分の生来的な直観をたよりにものごとを推論します。 しかし、それだけでは自分の主張を押し通すだけですし、自分の殻を破り、本来の自分を見つけることはできないのではないかと思います。 そこで、本サイトで提案している座禅をたよりに自分らしく自力で考えるための方法(過程)を記してみることにします。