Ⅰ.座禅について
 ⅰ.なぜ座禅をするのか
   (手段としての座禅)
 ⅱ.座禅の作法(組み方)
 ⅲ.座禅
   (こころを落ち着かせ、
   ゆとりを生む方法)
 
Ⅱ.考え方について
     (本質の探し方)
 ⅰ.直観的な捉え方
 ⅱ.宗教的な考え方
 ⅲ.学問的な考え方

 

Ⅲ.まなぶということ

     (学習法について,

       座禅を基礎に)

 ⅰ.自力で考えるために

   ⅱ.ゼロから考え元める

         (奥底への到達)

   ⅲ.鼓動との対話

 ⅳ.身体との対話

     (身体を充実化する)

   ⅴ.まわりを感受する力

     (禅的感性について)

   ⅵ.自分という存在とその地平

 ⅶ.自分らしく

Ⅱ-ⅲ.学問的な考え方

 宗教的な考え方では神の存在が前提になっています。それに対し、学問では、存在自体を証明していくことになります。とは言うものの、自然科学の研究でさえ、なにかしらささえてくれるもの、人、こころの奥底で感じられるなにかを信じて研究する人の方が多いと思います。研究者の多くは、そのなにかをよりよくわかるため、それを表現する法則を考え出します。この法則を生みだすのに、座禅を用いれば、冷静な態度でつぶさに分析し、問題の切り口を見つけ出すのに役立ちます。そうして生みだされた法則は、とても見通しのよく、また反証可能なかたちの(より普遍性、公共性をもたらしうる)理論のはずです。